わんまいるは高齢者に向いているのは本当?3つの大切なこと

わんまいる 高齢者気になる食事宅配

わんまいるは、高齢者に人気とのことですが、
本当なのでしょうか?

高齢になれば、かむ力が弱くなったり、
唾液が少なくなりますので、食べ物が

飲み込みにくくなったりします。

ここでは、わんまいるが高齢者に本当に
向いているのかその理由について

徹底して調べてみました。

スポンサーリンク

わんまいるは高齢者に向いている?大切なこととは?

「おいしい・健康・簡単」という
特徴があるわんまいるですが、

高齢者にとって優しい食事を考えると
つぎの3つが大切になってくると

筆者は考えています。

①栄養があってからだにやさしいもの
②適量でやわらかく食べやすい
③味がおいしくて飽きないもの

ここでは、わんまいるが、本当に

高齢者に向いているのか

一つずつ検証してみました。

わんまいるは高齢者にやさしい食事なの?

わんまいる 高齢者

高齢になると一人暮らしになったりして
健康の面で不安になってきます。

特に高血圧などの成人病の発症もありますので
出来るだけ食塩の少ないもの、栄養があって

カロリーが控えめになっていることも重要です。

その点を重視してわんまいるの食事内容を

見てみますと、、、。

1食当たりの塩分は3.5g以下。
1食当たりのカロリーは400kcal以下。
合成保存料・合成着色料は不使用。

上記のように、高齢の方の健康に配慮した
食事内容になっていることがわかります。

厚生労働省が推奨している食塩摂取量は、
男性1日8g未満、女性7g未満ですが、

わんまいるの2食分にほぼ該当することになります。

一方、カロリーは400kcal以下と低めですが、
ごはんなどのカロリーがありますので、

1食あたり700~800kcalくらいになると考えられます。

高齢者の必要カロリーは、年齢、体重、身長
そして身体活動レベルよってさまざまですが、

男性の場合平均2,200kcal,女性1,750kcalが
必要と考えられています。

(参考:日本人の食事摂取基準:2015 年版)

また、わんまいるには、合成保存料などの健康に
悪影響を与えかねない添加物がありませんので

高齢者にとっても安心できる食事となっています。

ちなみに、わんまいるでは、管理栄養士さんが
それぞれの食事をチェックしているとのことです。

わんまいるは適量で食べやすい?

高齢になってくると飲み込む力が弱くなって

いわゆる嚥下障害が出てきます。

とくに、気を付けなければならないのが、
誤嚥性(ごえんせい)肺炎です。

食べ物などが気管に入ってしまい、
唾液などに含まれていた細菌が気管から肺に
入り込むことで起こると言われています。

つまり、高齢者にとって、重要なことは
やわらかくて食べやすいものであることです。

料理は、食材を煮たり、蒸したり、焼いたものが
食べやすく負担にはなりません。

ここで、わんまいるを見てみますと、

和食のメニューが中心で、煮物、焼き物などが
多いことがわかります。

一つずつ社長が、毎日試食されているとのことですが、

味はもちろん食感(食べやすさ)も重視されている
ことが反映されています。

わんまいるはおいしくて飽きない?

高齢になると今日の食事がおいしいのか、
大きな楽しみになってきます。

一方、舌や上あごにある味蕾(みらい)という
味覚を感じる器官が弱ってきますので、

味がわかりにくくなってきます。

そんな味覚の衰えをカバーしてくるのが、

食材の季節感だったり、だし汁のうまみや
食材の持つ香ばしさです。

筆者の個人的考えですが、日本人の高齢者には、
やはり、和食が一番合っているように思います。

和食には、食材の季節感があり、お出しなどを
上手に使用しているからです。

それでは、わんまいるでは、どうでしょうか?

じつは、食材と味にはすごくこだわりが
あることがわかります。

社長自ら、生産地はもちろん生産者まで、
実際に面談して、確認して食材を選んでいます。

そしてその食材を生かすために、関西風味の
かつおと昆布の天然だしを使用しています。

そんな美味しい味を、冷凍真空パックの技術で
素材に染み込ませるようになっています。

一方、季節の食材を取り入れたメニューは、
4週間、毎日違う内容になっていますし、

3か月ごとの春夏秋冬の旬で異なる食材を
使用してますから飽きることがありません。

わんまいるを実際に利用されている高齢者の
方々もおいしいと評価されています。

お得に試してみるなら「健幸ディナー」がおすすめ

わんまいるは、高齢者にも本当に
向いていることはわかったのですが、

わんまいるの5食セットは、通常価格
4,260円となっていますので、若干高い。

でも、公式サイトを見てみると、
初回限定お試しコースがありました。

「健幸ディナー」という5食セットですが、
3,223円で購入できます。

これなら、1食あたり約645円ですから
コンビニ・外食とほとんど変わりません!

ちなみに、わんまいるは、4~6か月の
長期保存が可能です。

これなら、病気などで突然、外出できなく
なっても大丈夫ですね。

 

⇒簡単、美味しい、便利「旬の手作りおかず・健幸ディナー」
『わんまいる』がお届けする冷凍惣菜は、専属の栄養士が考えたメニューを大阪の老舗惣菜専門店が手作りで商品化をしています。
旬の食材を使用する事で栄養価の高いメニューと、国産野菜を合成保存料を使わず出来立てをそのまま冷凍しているので、解凍するだけで出来立ての美味しさを楽しめます。和洋中と豊富なメニューで、毎日の食事をお楽しみいただいています。