春駒 | 無料まんがで試し読みできるサイトとネタバレ!

春駒 無料気になるマンガ

春駒 ~吉原花魁残酷日記~は、実在した森光子さんの日記に
基づいて描かれた吉原遊郭の花魁(おいらん)の実話作品です。

大正時代から昭和にかけて、親の借金返済のために売られた
19歳の女性が、「春駒」という名の娼妓になり、
地獄のような日々を生き抜く姿をリアルに描いた魂の作品です。

親の借金のために身売りされた娘が、気丈に生き抜いていく姿に感動します。

大正時代から昭和時代に本当にあった事実に基づいているので、
そのリアル感は中途半端なものではなく、ズシンと心に響いてくる。

ここでは、そんな話題の気になる漫画を
無料試し読みができる安全なサイトをご紹介します。

さらにマンガのネタバレ、口コミ、あらすじなども調べてみました。

スポンサーリンク

春駒を無料で試し読みできるサイトとは

春駒 無料

ここでは、無料で試し読みできるサイトをご紹介しますが、
違法サイトだった「漫画村」などのいわゆる海賊版サイトは
紹介いたしません。

合法的にウィルス感染のない安全に無料で
試し読みができるサイトをご紹介いたします。

安全に無料で試し読みができるサイトその1

最初は、数あるコミックサイトの中でも国内最大級の『まんが王国』です。

電子コミック専門として13年以上運営されている安全な実績のあるサイトです。

登録会員数も300万人を突破しています。(2019年10月時点)

⇒春駒を無料で試し読みするサイトへ

上記サイトの検索マドで「春駒」と入力すると出てきます。

ところで、なぜこのサイトをおすすめしたのかその理由を述べますね。

まんが王国では、無料で読める作品が3,000作品以上ありますが、
その最大の特徴は、読めるページ数が多いことです。

また、月額コースとしては最安値の300円コースからありますので

コストパフォーマンスは高いことも魅力です。

半額クーポン・ポイントなどをうまく利用すれば非常にお得になりますし、

月額コースタイプでは、1番のおすすめコミックサイトです。

安全に無料で試し読みができるサイトその2

無料で試し読みしたけどもっと読みたいという方には、

U-NEXT(ユーネクスト)の電子書籍をおすすめします。

U-NEXTは、映画・アニメなどの動画配信サービスで有名ですが、

じつは、電子書籍も非常に充実しています。

無料トライアルに登録すると600円分が、

ポイントでタダ読みできます。

春駒 ~吉原花魁残酷日記~ 【単話】は、1話は110円ですので、

5話まで読むことができます。

⇒春駒をU-NEXTで見てみる

上記サイトの検索マドで「春駒」と入力すると出てきます。

ところで、なぜこのサイトをおすすめしたのかその理由を述べます。

U-NEXTの魅力は、やはり、圧倒的に配信作品数が多いことです。

電子コミック専門サイトと変わらないほどの作品数はもちろんですが、
動画のアニメ作品数でも、dアニメストアより多くて業界No.1と
なっています。

マンガとアニメが好きなら、U-NEXTが、一番のおすすめサイトになります。

一方、デメリットは、若干月額料金が高いことでしょうか?

でも、毎月の1200円分のポイント還元と雑誌読み放題の特典を
考えると月額1,990円は、実質的には、800円くらいになります。

やはり、マンガと高画質のアニメを楽しみたいなら、
U-NEXTが、一番賢明な選択となります。

春駒の評価レビューは

春駒 無料

ここでは、国内最大級コミックサイト『まんが王国』

の購入者レポ40件を調べてみました。

総合評価は、3.5点(5点満点)と平均的な評価になっていました。

いずれも、花魁のリアルさに驚き、衝撃を受けたとのレポが多かったです。

ワカメさん
【 新しい花魁の世界に触れたと思いました。 】 ★ ★ ★ ★ ★
最新の14巻まで読みました。 遊郭と聞くとどうしても江戸の華やかな花魁物を想像してしまいますし、ファンタジー的な作品も多いように感じますが手記を元にしてるだけありこの作品には庶民的なリアルさがあります。

ニッペルフさん
【 裏大正ロマン 】 ★ ★ ★ ★ ★
面白かったし、続きが気になる(5話まで読了・原作は未読)。 豪華絢爛な花魁模様なんてものはほんの一瞬のあだ花で、無数にある枯れた花・咲かないつぼみにはなかなか目がいかない。そんな吉原の暗がりに光を当てる作品。 読み進めることで、女性目線となり、吉原に売られて、見、聞き、感じたことを主人公春駒と共に追体験してゆき、その世界の仕組みを知ってゆくことになる。

ででんさん
【 これがリアルな花魁の世界なのですね 】 ★ ★ ★ ★ ★
花魁について知識があまりなかったのですが、 作中で主人公と一緒に知っていく感じで読み進めていけました。 タイトルにもあるように残酷な世界。 思っていた以上で、主人公の悲痛な想いがよく伝わってきます。 絵柄が内容とよく合っていて、表情がだんだん変わっていく様子で感情がわかるのですが、 これからまたどのように変わって行くのか楽しみです。

きたまるさん
【 衝撃的! 】 ★ ★ ★ ★ ★
1巻目を読んだとき、あまりにも衝撃的で心がおもくなりました。でもそれがこの作品の目する所なのだと思います。ここまで底辺に突き落とされれば、これからの展開にわくわくします。春駒の心の折れ方がつき刺さってくる迫力ある画風ですね。人物の一人一人が丁寧に描き分けられて作者の画力の大きさを感じます。次回が待ち遠しいです。

春駒の作者Twitterは?

春駒 無料

ここでは、「春駒 ~吉原花魁残酷日記~」の作者である望月帝(もちづきみかど)さんの

公式Twitterをご紹介します。

春駒のあらすじは?ネタバレ?

春駒 無料

「春駒 ~吉原花魁残酷日記~」は、上記の森光子著作の
『光明に芽ぐむ日』と『春駒日記』の2作品に基づいて描かれています。

森光子さん自身が花魁として過ごした残酷な日々が赤裸々に綴られています。

3人兄弟の長女として生まれた光子は、大正13年、19歳のときに
亡くなった父親の借金のために、吉原遊郭に売られる。

2~3年で借金を返済し家に帰れると言われるが、実際は、
ほとんどが仲介料とか、生活費などの名目で削られて、
逆に借金が増える仕組みだった。

がんじがらめにして、逃げられないシステムになっていたのだ。

そんなことも知らないまま「長金花楼」という貸座敷で、
春駒という名の娼妓となるが、毎日管理され、拘束された
過酷な状況で、「復讐」として日記を書き続ける。

約100年前の日本で実際にあった真実を描いた作品で、光子の「負けない、
めげない、あきらめない」という心と精神力は、今でも私たちに感銘を与える。
春駒 無料

※写真と作品とは関係がありません。

ここでは、簡単ですが、第一話はじめのあらすじをご紹介します。

大正13年の12月のある日、光子は、泣きながら

見送る母親を見ながら、東京へ旅立つ。

東京吉原の「長金花楼」という貸座敷に着いた光子は、

そこで、主人の長岡と出会うことになる。

じつは、このときでさえ、光子は身を売ることを知らなかった。

翌日、所轄の警察に向かい娼妓として名簿に登録することになる。

そして、吉原病院で健康診断を受けることになるが、、、、、。

(続く)

関連記事

⇒ワタシ以外みんなバカ | 無料まんがで試し読みできるサイトとネタバレ!
ワタシ以外みんなバカを試し読みできるサイトと口コミ評価などを紹介しています。