アンプルールパウダーは何が違うの?口コミ評価と使い方は?

気になるシミ

アンプルールのフェイスパウダーにはどんな特徴が
あるのでしょうか?

他のパウダーと比較して何が違うのか徹底的に調べてみました。

ここでは、さらにフェイスパウダーの口コミ評価と
使い方についても調べてみました。

スポンサーリンク

アンプルールパウダーの特徴とは?

アンプルールパウダー

アンプルール のフェイスパウダーを調べてみると、
日焼け止めパウダーとしても使えることがわかりました。

シミやそばかすそしてたるみの原因になると言われている
紫外線A波とB波も、SPF50+/PA+++の表示がありますので、
十分にブロック効果はありそうです。

一方、アンプルールパウダーには、美肌を守りながら
毛穴・小じわを瞬時にカバーする工夫がなされています。

ここでは、その3つの工夫の特徴についてご紹介します。

パウダーの特徴その1

アンプルールパウダー

アンプルールのパウダーには、あらゆる方向に光を均一に
正反射する星型の「シャイニースターパウダー」
表面をくぼみなくカットした板状パウダーが配合されています。

これらの反射光の異なるパウダーが、多層薄膜構造に
設計されていますので、上質な光沢感をもたらし、

くすみ、毛穴、小じわなどをカモフラージュしてくれます。

パウダーの特徴その2

アンプルール のフェイスパウダーには、美肌を支える成分と
して次のように8種類が含まれています。

特徴としては、ハイドロキノン誘導体のアルブチンが
配合されているところです。
これは、美白予防が期待できる成分です。

うっかり、紫外線をたくさん浴びることになっても、
このアルブチンをはじめビタミンCなどのスキンケア成分が、
しっかりとお肌を守ってくれます。

      1. ハイドロキノン誘導体(アルブチン)
      2. ビタミンC誘導体(テトラへキシルデカン酸アスコルビル)
      3. ビタミンE(トコフェロール)
      4. ビタミンA(パルミチン酸レチノール)
      5. αコエンザイムQ10(ユビキノン)
      6. ビタミンB6(ジカプリル酸ピリドキシン)
      7. α-リポ酸(チオクト酸)
      8. プラセンタエキス

パウダーの特徴その3

アンプルールパウダー

アンプルールでは、パウダー自体に保湿効果のある
ヒアルロン酸とスクワランが配合されています。

さらに、このパウダーには、保湿効果を高めてくれる
天然保湿因子のアミノ酸(ラウロイルリシン)
含まれていますので、しっかりとお肌のうるおいを
導くように工夫がなされています。

アンプルールパウダーの口コミ評価は

アンプルールパウダー

出典:@コスメ

ここでは、比較的信頼性が高い@コスメの全般評価を

調べてみました。評価は、4.9と非常に高い評価になっていました。

(2020年7月31日時点)

全般に、毛穴、小じわをカバーしてふんわりとしたお肌になるとの

良い口コミが多い傾向でした。

アンプルールパウダーの使い方は?

使い方は、スキンケアで肌を整えた後に使うか
またはファンデーションなどの仕上げや化粧直しに使うことができます。

パフにパウダーを適量とり、お顔全体に軽く押さえるように
なじませるように使います。

このときに、パフにパウダーを取ったあと一度、
手の甲などで量を調節し、余分な粉を払ってから
塗布するとキレイに仕上がるとのことです。

なお、コンパクトの中の透明フィルムは、最後まで
捨てずに使うようにしましょう。

アンプルールラグジュアリーホワイトをお得に試してみる方法とは?

ここでは、アンプルールのトライアルキットをご紹介します。

出来てしまったシミを集中ケアするお試しキットとして、
ラグジュアリーホワイト トライアルキットがあります。

約1週間分の4点と2つのプレゼントがもれなくついてきます。

このトライアルキットは、製品換算すると6,500円分に相当します。

そのキットが、1,500円で購入できます。

内容はつぎのようになっています。

もちろん、ローションも含まれています。

  1. コンセントレートHQ110(3ml)
  2. ローションAOⅡ(20ml)
  3. 薬用アクティブフォーミュラⅡ(8ml)
  4. エマルジョンゲルEX(10g)
  5. クレンジングミルクN(2包)
  6. ウォシングフォームN(2包)

⇒ ラグジュアリーホワイトの公式サイトを見てみる