アンプルールのハイドロキノンは何が違うの?その真相とは?

アンプルール ハイドロキノン気になるシミ

アンプルールハイドロキノンは他の化粧品と

比較して何が違うのでしょうか?

美白成分として注目のハイドロキノンですが、

アンプルールに含まれている成分について

科学的に何が違うのか徹底的に調べてみました。

ちなみに、筆者は、大学理学部化学科出身で、

某製薬会社に約30年勤務していました。

科学的視点を尊重して記事を書いています。

スポンサーリンク

アンプルールの新安定型ハイドロキノンとは?

ご存知のとおり、ハイドロキノンは、紫外線とか熱に弱くて

非常に不安定ですので、以前は、医療機関だけで使用される

美白成分でした。

アンプルールは、この不安定なハイドロキノンを化粧品に

安定して配合できるように工夫されて開発されました。

その成分が、新安定型ハイドロキノンです。

アンプルールでは、BCDACという特殊な物質と合成された

分子錯体結晶でハイドロキノンが安定化されています。

このBCDACが、紫外線からの影響をブロックしてくれて、

内部のハイドロキノンを守ってくれます。

また、この新安定型ハイドロキノンのおかげで、

濃度が低くても効果が弱くならないで持続するようになりました。

安定性と持続性というメリットを生み出したものが、

新安定型ハイドロキノンです。

アンプルール ハイドロキノン

アンプルールのハイドロキノンはカプセルで保護されてる?

上述したように、アンプルールのハイドロキノンは、

他の化粧品と違って新安定型ハイドロキノンが配合されています。

じつは、アンプルールでは、さらに安定性と持続性を考えて

マイクロカプセル(AOカプセル)を導入しています。

このAOカプセル内に、安定型ハイドロキノンが閉じ込められますので、

外部からの刺激から保護されて、成分がより安定化しました。

そして、皮膚に浸透するにつれて徐々にカプセルから

成分が放出されますので、より長くはたらきが、

持続するようになりました。

アンプルール ハイドロキノン

アンプルールのハイドロキノンのメリットは?

アンプルールに含まれているハイドロキノンは、

新安定型ハイドロキノンであり、しかも、

AOカプセルというマイクロカプセル内に配合されています。

このような製品の工夫のおかげで、つぎのようなメリットが

生まれてきました。

酸化しにくくなった
光、熱、酸素に強くなった
角質層まで浸透しやすくなった
角質層で成分を放出して働きが持続する
肌へのダメージが少なくなった

アンプルールをお得に試してみる方法とは?

ここでは、アンプルールのトライアルキットをご紹介します。

出来てしまったシミを集中ケアするお試しキットとして、

ラグジュアリーホワイト トライアルキットがあります。

約1週間分の4点と2つのプレゼントがもれなくついてきます。

このトライアルキットは、製品換算すると6,500円分に相当します。

そのキットが、1,500円で購入できます。

内容はつぎのようになっています。

  1. コンセントレートHQ110(3ml)
  2. ローションAOⅡ(20ml)
  3. 薬用アクティブフォーミュラⅡ(8ml)
  4. エマルジョンゲルEX(10g)
  5. クレンジングミルクN(2包)
  6. ウォシングフォームN(2包)

⇒ トライアルキットの公式サイトを見てみる