気になる高性能レンタルサーバー『ConoHa WING』とは?

気になるレンタルサーバー

現在、さまざまなレンタルサーバーが誕生していますが、

その中でも最近、国内最速サーバーとして注目されている

『ConoHa WING』についてご紹介します。

ConoHa WINGは従来のレンタルサーバーと何が違うの?

最近注目されてるって言っても宣伝文句ではないの?とか

半信半疑になってしまうのは私だけでしょうか?

ここでは、しっかりと『ConoHa WING』が従来のレンタルサーバーと

比較して何が違うのか検証してみました。

表示スピードが違う

ご存知のとおり、2018年にグーグルはWebページの表示速度が
検索結果の順位に影響することを発表しています。

つまり、Webサイトの高速化が非常に重要なことになっているのです。

そんな背景で、『ConoHa WING』を見てみると
なんと、Webサーバー処理速度が従来の2位より
約2倍も速いとのことです。(2019年7月現在)

2倍速いこととは、単純に考えても2秒かかるのが1秒になる!?

ということですから、これはやはりすごいです。

なぜこんなに速いのか?その理由は最新のCPUと高速SSDを

搭載していることが大きな要因になっています。

じつは、これ以外にも次のような工夫も導入されています。

詳しくは、『ConoHa WING』の公式サイトをご覧ください。

・独自チューニングしたキャッシュ機能で高速レスポンスを実現。
・超高速PHPアプリケーション実行環境「LiteSpeed LSAPI」を採用。
・「HTTP/2」対応でWebサイトを高速表示。
・高速Webサーバー「NGINX」に対応。

コストパフォーマンスが違う

次に大切なのは、費用つまりお金です。

いくら高機能だと言っても高すぎるのはよくないですね。

基本料金は、ベーシックプランで月額料金1,200円となっていますが、

この『ConoHa WING』はなんと1か月に満たない使用月は

1時間単位の料金体系になっているんですね。

1時間あたり2円!つまり、1日10時間使用で20円です。

しかも、どれだけ使っても最大1,200円の上限つきになっています。

申し込み月とか解約の場合でもこれほどリーゾナブルな料金体系は

ほかのレンタルサーバーにはありません。

本当にコストパーフォーマンスが高いと考えられます。

以上のとおり、気になる大きな違いは2点でしたが、

ほかにもつぎのようなメリットがあります。

・専任担当者による、WordPress移行代行サービスがある。
・サーバー稼働率99.99%以上の保証がある。
・独自SSLを無料で利用可能である。
・マルチドメインが無制限となっている。
・自動バックアップ機能を標準提供し、データ消失の際も無料で復元できる。
・WAF、ウイルススキャン、スパムメールフィルタが標準搭載されている。
・電話サポートあり!専任スタッフがご対応いたします。

現在お使いのレンタルサーバーと比較してどうなのか一度整理してみるのも

いいかもしれません。公式サイトはつぎのようになっています。