はさマンモス | 子どものドア指はさみは危険!指切断事故がある!

ドア 指はさみ防止 はさマンモス暮らし

東京都のドアの安全性に関する調査報告によると平成23年から平成27年の5年間に
45人の子供が指を切断していることが明らかになっています。

これは、東京消防庁管内においてドアに挟まれた事故によるものですが、
932人の子供が救急搬送されているので、約20人のうち1人が切断したことになります。

過剰反応することは禁物ですが、実際の子供の指はさみ事故は
想像以上に多く重傷であることは親として気を付けるべきです。

そこで、子どもの安全は親が守らねばと思い、探し見つけたのが
はさマンモス」というドア指はさみ防止グッズです。

ここでは、そんな子供の指を守る商品を調べてみました。

参考資料:東京都による「ドアへの指はさみ」に関する報告書(要約)

スポンサーリンク

子どものドア指はさみは意外なところが危ない

ところで、冒頭で紹介しました東京都のドア指はさみの報告書ですが、
もう少し、詳しく見ていきたいと思います。

まず、初めに子どもの指挟まれ事故の要因を見ますと
0歳~12歳までのどの区分においても、やはり、
手動ドアが最も多い事故の要因となっています。

次に、危害危険経験時の年齢を見てみますと

2歳から急激にその事故経験人数が増えてきます。

そして、3歳、4歳となだらかに減少しています。

下記の棒グラフを見ると2歳~4歳が特に危ない時期になります。

それでは、ドアの危険な指挟み事故が家のどこの場所で

起きているのか見てみましょう。

下記の棒グラフデータから、事故発生の多い順に

並べてみると上位はつぎのようになります。

  1. 自宅の室内ドア(居室)
  2. 自宅の玄関ドア
  3. 自宅の室内ドア(トイレ)

約7割近くが、リビングの室内ドアと玄関ドアの

2か所で、指はさみ事故が発生しています。

さらに、ドアのどの部位で指が挟まれたのか
見ていきますと、

一番指はさみ事故が多かった位置は、
意外にも、吊元側、つまり蝶番(丁番)が
ついている位置だったのです。

筆者は、このデータを見るまでは、
てっきり、ドアノブの方だと思っていました。

元々、このデータは、救急搬送された子どもであり、
比較的重傷だった可能性があります。

ドア 指はさみ防止 はさマンモス

やはり、吊元側は非常に危険な部位であることがわかります。

ひょっとして、救急搬送されなかった軽傷も含めると

ドアノブのほうが事故発生件数が多いかもしれませんが、

ドアのこの2か所は、危険な部位であることは覚えておきましょう。

スポンサーリンク

指はさみ事故防止グッズ・はさマンモスとは

「子供の安全を守るのは親の責任」とも言われますが、
急いでいたり、他の準備に気を取られて、

子どもがドアの丁番のところに手をかけているのに
気づかないこともありえるのです。

そんな状況でも指はさみ事故が発生しないように
開発されたのが、「はさマンモス」です。

ドア 指はさみ防止 はさマンモス

「はさマンモス」の開発者は、元教師の方らしいですが、
これまでの指はさみ防止グッズの問題点を解消するために
いろいろと考えて作られたとのことです。

具体的には、つぎのような問題がありました。

①何回も開け閉めするとはがれる
②両面テープの接着力が強すぎてドアを傷める
③自由な角度でドアが開かない
④価格が高い
⑤外観のカッコが悪い

このような問題点を解消した指はさみ防止グッズが

「はさマンモス」なんですね。

ドア 指はさみ防止 はさマンモス

上図のように、はさマンモスの形状は、三角形に
なっていますが、それぞれの折れ点で自由に
曲がるようになっています。

さらに、ドア開閉時にかかる負荷が少ないので
それほど強力な接着力は必要ありません。

また、材質は、PET樹脂で透明ですから、
設置後の見た目もカッコ悪くありません。

ちなみに、この形はトラス構造と呼ばれ、
橋の建築にも応用されるほど強度が高く
押してもへこみません。

ドアへの指はさみ防止グッズ【はさマンモス】1,700円から。

はさマンモスは賃貸マンション・家でも使える

ドア 指はさみ防止 はさマンモス

はさマンモスには3種類の商品があります。

・賃貸用タイプ
・強粘着タイプ
・ソフトタイプ(保育園、幼稚園向け)

じつは、はさマンモスの最大の特長は、

はがれにくくても、ドアや塗装を傷めずに
はがすことができる賃貸用があることです。

賃貸マンションなどの場合、引っ越しのとき
取り付けた指挟み防止器具を外す必要があります。

このとき、ドアなどが傷つくとその補修のために
費用を負担しなければなりません。

でも、このはさマンモスの賃貸用では、
部分的に両面テープがついていますので、
ドアを傷めずにはがすことができます。

ドアへの指はさみ防止グッズ【はさマンモス】1,700円から。

はさマンモスのまとめ

・「子供の安全を守るのは親の責任」ですが、やはり、親の注意にも限界があります。

・ドアの指はさみ事故から子どもを守ってくれるアイテムが「はさマンモス」です。

・はさマンモスは、通常使用では、はがれにくいですが、引っ越しなどのときは
ドアを傷めずにはがすことができる賃貸用があります。

ドアへの指はさみ防止グッズ【はさマンモス】1,700円から。