トリコレ | サロン熱処理感覚トリートメントで10秒毛髪補修ケア

トリコン トリートメント気になるアイテム

シャンプー、トリートメントしても
髪のパサパサ、ゴワゴワ感が気になる方に朗報!

これまでのトリートメントと違う温かいクリームが
サロンの熱処理と同じように傷んだ毛髪を補修ケア。

ここでは、そんな話題の温感生トリートメントの

「トリコレ」Tricoreについて調べてみました。

スポンサーリンク

トリコレはこれまでのトリートメントと何が違うの?

温感生トリートメント「トリコレ」は

これまでのトリートメントと何が違うのか

探ってみました。

液体からクリームに変わるインバストリートメントとは?

トリコレ トリートメント

まずはじめに驚いたのは、クリーム状に変化することです!

上の動画を見ると、容器にトリコンを入れてから
水を加えるとすぐに反応して白いクリーム状に変化します。

しかも、画面ではわかりませんが、ポカポカとした温感が
発生するとのことです。

このクリームと温感がこれまでのトリートメントと

全く違う感覚のインバストリートメントになります。

従来のトリートメントは、ほとんどが水分(約70%)ですので、
美髪成分がどうしても流れ落ちてしまいます。

でもトリコレは、髪1本1本の水分と反応してクリームに
変化しますので、美髪成分が流れ落ちないで密着します。

さらに、温感が発生しますので、サロンの熱処理と

同じようにキューティクルを開いて成分が浸透していきます。

このクリームと温感のおかげで、傷んだ毛髪の補修ケアが

たった10秒でできちゃうところがスゴイです。

補修ケアのあとは、「γ(ガンマ)-ドコサラクトン」が

ドライヤーの熱に反応して、キューティクルを閉じながら

コーティングで毛髪を保護してくれます。

ちなみに、γ-ドコサラクトンは「エルカラクトン」とも

呼ばれる毛髪のアンチエイジング成分です。

トリコレはトリートメントなのにヘッドスパが出来る?

トリートメントなのにヘッドスパをしても大丈夫なの?

答えは、大丈夫です!

これまでのトリートメントと違って、

トリコレには、「パンテノール」、「サリチル酸」、
「メントール」、17種のボタニカル美髪エキスが

配合されていますのでヘッドスパができます。

トリコレの容器は、ヘッドスパノズルになっていますので

頭皮に塗布してマッサージが手軽にできます。

まとめ

・トリコレは、クリームと温感でたった10秒間で髪のダメージを補修します。

・トリコレは、「γ-ドコサラクトン」のコーティングで毛髪を保護してくれる。

・トリコレは、トリートメントとヘッドスパができる成分を配合している。