離乳食(ベビーフード)で一番安全な宅配サービスはどこ?

離乳食 宅配気になる食事宅配

プチママは無理をしないで!

初めての赤ちゃんの離乳食は、
ママに大変な負担がかかってきます。

材料は安全なものとかアレルギーを考えて
選んでから、ひとつずつ作っていきます。

しかも、蒸したり、つぶしたり、かき混ぜたり
本当にその時間と負担は半端じゃありません。

「しんどい」と思ったらママは無理をしない!

ここでは、そんなママを楽にしてくれる
離乳食などの宅配サービスを徹底して解説します。

スポンサーリンク

離乳食で一番安全な宅配サービスは?

離乳食に力を入れている宅配サービスには
さまざまな企業がありますが、

つぎのような観点が、評価項目に
なってくるものと考えられます。

①安全性
②簡便性(時短)
③価格
④種類の多さ
⑤宅配エリア
ここでは、とくに赤ちゃん、子供にとって
大切な安全性の面を重視して評価してみました。
評価した対象は、離乳食でよく利用されている
信頼できる宅配サービスを選びました。
コープデリ
・パルシステム
・オイシックス
・ヨシケイ
・らでぃっしゅぼーや

安全性から見た宅配サービスのポイントは?

離乳食の宅配サービスを選ぶときに
一番大切なことは、やはり、安全性です。

未成熟な赤ちゃん、子供にとってできるだけ
安全で安心できる食材を与えたい。

ここでは、そんな安全性の観点から、
宅配サービスを評価してみました。

筆者が考える安全性は、具体的にはつぎの4つの
試験検査が実施されて情報公開されているのかが
重要なポイントです。

きちんと、ネットなどで情報公開されていることを
調べてみました。

微生物検査(食中毒を防ぐための検査)
②アレルゲン検査(アレルギーを誘引する卵、そば、小麦などのチェック)
③理化学検査(残留農薬などの化学物質を調べる)
④放射能検査(食品の残留放射能を調べる)

パルシステム、コープデリの食材は安全性が高い

安全性の観点から宅配サービスを調べてみると
やはり、生協関連の企業が高いことがわかります。

ちなみに生協と言ってもそれぞれ地域によって
独立した会社組織になっていますので注意しましょう。

ヨシケイ、オイシックスなどの他の企業も
もちろん安全性を重視しているのですが、

安全検査項目の実施と情報公開の面で
パルシステムとコープデリが優れています。

パルシステムでは国の基準より厳しい安全基準を設定している

離乳食 宅配

パルシステムでは、オリジナル離乳食食材として
yumyum [ヤムヤム] シリーズを展開しています。

安心な原材料を確保するためにつぎの3つの
特徴を掲げています。

①原材料は国産・産直のものを優先
②化学調味料は不使用
③添加物にもできるかぎり頼りません

これら以外にも、主原料には、

遺伝子組み換え原料は使わないことも
表明しています。

また、筆者が重視する4つの検査でも

パルシステムは、自前の「商品検査センター」で、
「微生物検査」「理化学検査」「放射能検査」
そして、「アレルゲン検査」を実施しています。

それぞれが、国の基準をクリアしているのですが、
項目によってはさらに厳しい独自基準を設けています。

例えば、「理化学検査」の残留農薬検査では、
国の基準の10分の1以下とする高い目標になっています。

また、放射能検査でも、国の基準は1歳未満の乳児用食品として
50Bq(ベクレル)/kgを求めていますが、パルシステムでは、
さらに厳しい10Bq/kgに設定しています。

↓パルシステムの資料請求は下記から(無料プレゼント付き)↓
生協の宅配パルシステム

コープデリの商品検査センターは国際規格認定で質が高い

離乳食 宅配

コープデリでは、赤ちゃん、子どもを対象とした
「きらきらステップ」というパパママ応援商品があります。

コープデリが大切にしている3つのことのなかに
オーガニックや添加物の少ないものを目指して
すべての食品の安全性の確保が記載されています。

一方、実際の検査は、1972年の商品試験室からスタートした
現在のコープデリ商品検査センターが担っています。

商品検査センターでは、それぞれの検査が詳しく
掲載されていますが、つぎのような検査が実施されています。

微生物検査
食品添加物検査
残留農薬検査
アレルギー物質検査
放射性物質検査
栄養成分検査
動物用医薬品検査
遺伝子検査
産地判別検査
においの検査

このように、コープデリでは、遺伝子検査はもちろん
産地別・におい検査まで実施されています。

ここで、特筆すべきなのは、放射性物質検査のレベルです。

この商品検査センターは、ISO/IEC17025(試験所認定)を

取得していますが、ISOというスイスに本部を置く
国際標準化機構に認定されたレベルの高いものとなっています。

つまり、検査の信頼性が、国際的に保証されたということです。

このようなレベルの高い検査でさらに厳しい独自基準を
設定して安全性を確保しているところもすごいです。

上記の表は、コープデリ連合会の自主検査方法の基準を示しています。

乳児用食品と牛乳が、国の基準では、50ベクレル/kgを

求めていますが、さらに厳しい5ベクレル/kgに設定されています。

さらに注目したいのは、一般食品の中でも、特に小さい子どもの

利用が想定される食品(「きらきらBaby&Kids」の一般食品など)、

乳製品についても、5ベクレル/kgに設定されているところです。

↓コープデリの資料請求は下記から(無料プレゼント付き)↓

★ママ楽チン★毎日のお買物が玄関先に届きます!
まずは資料請求!

まとめ

・赤ちゃんの離乳食などの宅配サービスを安全性の観点から評価してみた。

・アレルゲン検査などの安全性重要検査の実施と情報公開を調べてみた。

・パルシステム、コープデリでは、安全性検査4項目の実施と公開を行っている。
「微生物検査」「理化学検査」「放射能検査」「アレルゲン検査」

・パルシステム、コープデリでは、国の基準より厳しい独自基準を設けている。

・パルシステム、コープデリの食材は安全性が高いと考えられる。